HSP

【HSP】罪悪感とおさらば!ココロをすこし軽くする対処法

【HSP】罪悪感とおさらば!ココロをすこし軽くする対処法

友人の誘い、ホントは行きたくないのに断れなかった、
逆に断ってしまい悪いことしたかな…などちょっとしたことでも罪悪感を抱いてしまうってことはありませんか。

 

HSP気質の私は罪悪感とつねにニコイチ。

福子
福子
そんなんいらないですけどね…汗

 

わたしはアラフォー主婦なんですが30歳にさしかかったころから自分の苦手や気質がより見えてきて生きることへの罪悪感がより大きくなりました。

 

ただ、この苦手をかわしながらどう楽に生きるかを常にかんがえています。

 

モヤモヤッとした心を少しでも軽くなる私がしている少しずつ自分を楽にする対処法を書いていきます。

このブログでは「なんだかしんどい」、「何かわからないけど心が重い」、「生きづらいな」と感じている方へ向けた記事です。

私も絶賛コントロール中。すこしでも心が軽くなれば幸いです。

罪悪感がすこし和らぐ対処法

誰かと自分を比較してしまったら

他人と比較して苦しくなったら過去の自分と比べる

他人と比較ではなく、昔の自分と比較してみる

過去の自分と比較して成長した部分を探してみます。

これは効果絶大です!

一人で何もできなかった自分が今は一人で好きなご飯を食べにいったり映画をみたり。

タイピングもできなかった私が今はキーボードを見ずに文字をカタカタしている。

 

福子
福子
めっちゃすごいな!!っていま、これ書いてて思いましたw

 

定期的に振り返っていいところを比較するだけで気の持ち方がまったく違います。

極端に言うと、生きているだけで、健康に生活しているだけですごいことなのかもしれないです。

 

 

人間はみんな不完全

はたから見て優秀な人でも、苦手なことは多かれ少なかれあるはず。

ただ、自分が持っていないものを見ると、その人がすべて完璧のようにみえてしまうんですよね…

分かっているはずなのに中々、比較してしまってうまく気持ちがついてこない。

なら比べてしまう情報を絶つことにしました。

 

プライベートなら

 

  • 友人なら距離を置く
  • SNSは見ない
  • ネット情報をから離れる
  • LINEなどのグループチャットは通知OFF(見ないまたは退出)

 

強引かもしれないですが一旦、切り離してみることでスッととラクになります。

 

自ら疲れてしまうところに近づく必要はありません。

疲れるものからは、シャットダウン。

 

わたしの場合、友達付き合いをかえたらかなり楽になりました。

 

【友達編】エンパス体質の疲れやすい私が楽に生きるためにした5つのコト
友達付き合いが疲れる…HSPの私が無理しないためにした5つの事友達付き合いが疲れたり、憂鬱な気持ちになっていませんか。このブログでは人間関係でずっと生きづらさを感じてきた私が疲れない友達付き合いに変えたことで生きるのが少し楽になった経験からおすすめする5つのコトを紹介します。...

 

会社なら
  • 比べる人を目指そうとしない
  • 比べる人にはない自分の世界を持つ

 

その人みたいにならないといけないって思いがちですが、人はそれぞれ与えられた役割があります。

 

ハードルを高く上げすぎずに、自分のやれることだけをする。

ふたを開けてみたら同じ人間で、普通の人です。

 

「その人にはない自分の世界をもつ」と居場所があると感じてうまく切り離せるようになります。

 

例えば

  • 海外ドラマにどっぷりはまる
  • 山登り
  • 筋トレする
  • 読書
  • ゲーム
  • マンガ

 

趣味でも、旅行でも、自分の好きなことや楽しみがあれば気持ちがそこだけにいかないのでかなり楽になりますよ♪

 

 

【HSP】仕事辞めたい・続かない・できないでもいいやん!
【HSP】仕事辞めたい・続かない・できないでもいいやん!HSPは繊細で敏感だと言われています。自己肯定感が低いHSPの私がいつも仕事を辞めたい、できないと思って苦しい時に立ち止まって考えていたことがあります。少しでも楽になるために私が実際にやっていたことを記事にしました。...

うまく対応できなかった時の罪悪感

罪悪感を和らげる

意見を求められるとフリーズしてしまったり、会議でうまく対応ができなかったりで、

長年の会社勤めでも全く慣れず、落ち込むことが増えました。

できないことはしょうがない、自分にできることをするだけなんですが、

自分をどれだけ許すか。

 

そんな時、わたしがしている対処法

深呼吸をする

しんどいと感じている時はそればかり考えてしまいます。

まずは浅くなっている呼吸を整えてリラックスして考えないように気持ちをもっていくようにしています。

 

ため息を頻繁にはく

一見、マイナスなように見えるため息も、息をゆっくり長く吐くことで
血流が良くなります。

 

ため息を吐いて自分の中にある辛いものを吐き出すイメージ。

 

自分の中にたまった毒素を外に出して空っぽにしてあげるイメージをするとかなり落ち着きます。

そもそも、ため息をつきたくなるのはストレスのサイン。

しっかりはいて嫌な気持ちは体の外に出してしまいましょ。

 

自分が社会の役に立っていない罪悪感

人には必ず役割があるはずなんです。

 

だけど、自分のことになると見えなくなるんねですよね…

 

対処法としては、

仕事や家庭などじぶんの居場所を一つに限定しないこと

 

趣味でもいいし、まずは好きなことから居場所を見つけるだけで心が軽くなります。

私の場合はこのブログをはじめました。

自分には何ができるのか…と問いかけながら生きてきましたが、少しずつ読んでもらえることで今は心のより所になりつつあります。

 

そうすると、仕事や社会で自分の立ち位置がわからなくなっても、「あぁ。自分にはまだやりたいことがある」と、心の中で納得できます。

 

今日、自分ができたことを紙に書き出す

他人の評価に左右されがちですが、まずは自分をほめてあげるということが最優先。

毎日の罪悪感の中でなかなか、自分を認めてあげるって難しいんですが、ひとまず紙に書いてみてください。

 

私の場合は、よく心の中でつぶやいてたんですが、書き出して読んでみるとかなりこころがスッキリします。

 

後で見返すと、あ!こんなこともできたんだって再確認できるのでおすすめです。

 

誘いを断ったときの罪悪感

罪悪感を和らげるせっかく誘ってくれたのに…って思ってしまいがいちですが、

よくよく考えてみればその罪悪感は一瞬だけ。

家に帰って他のことをしていると、もう忘れてしまってるんですよね。

 

まずは自分が楽しいかどうかで判断してとにかく乗り気にならないものは断る。

 

とにかく自分ファースト

といっても、中々それはできないけど常にそういう意識だけはもっておけば少しココロが軽くなりました(^^)

誰もそこまで自分のことおもってないし、気にしてないんですよね。

 

そんなものだと知れば、断ることへの罪悪感がマシになりました~!

 

結論

人生の主役は「自分」。

わたしが出した答えは、苦手をうまくかわしながら

ラクに生きる選択肢を増やしていく。

 

昔に比べると、生き方の選択肢が増えましたよね。

 

副業だったり、自分からの発信だったり、リモートワークだったり。

 

心地よさ、楽に生きる、自分らしく生きるためにはまずは自分ファーストにしてみようと思っています。

 

だって、つらいことや壁にぶつかっても結局、なんとかなってきたし、

わたしは嫌なことや苦手なことを徐々に手放し中です。

 

今は、自分のやりたかったことなど考える時間を設けています。

仕事や人のことをいったん横に置いておいて、

自分がワクワクすること、無理かもしれないけどやってみたいことを考えてみてください。

 

やる気がどんどんと出てきますよ!

 

福子
福子
仕事でこれができたら一番いいんですがね…

 

やってみたいことが見えてきたら、

小さなステップで行動に落とし込んでいくと、徐々に近づいていきます。

そうすることで昔から苦しいな…生きづらいな…って自分を徐々に許せるようになっていきますよ~。

そのことについて書いたブログはこちらです↓

甥っ子から学んだ!自信がない生きづらい私が自己効力感を高めた7つこと
【HSP】自己効力感を高める!自信がない私がしている7つの事自己効力感とは昨日できなかったことができるようになったという経験を繰り返すことで「自分もやればできる!」という感覚です。 自己効力感を高めたい、もっと楽に生きたいと思っている人に自信がない私がやってみたことという記事になります。...

 

まとめ

  • 褒める作業を設ける
  • 自分の想いを紙に書き出す
  • 自分優先の意識だけはもっておく
  • ラクに生きる選択肢を増やす

できないことはできない、行きたくないもの行きたくないとまず認めたらかなり楽になりました。

まずは自分の気持ちがどうかってことを最優先させて、少しでも心を軽く、生きづらさを軽減できればなと思います。

以上、お読みいただきありがとうございました!

 

自己肯定感を高めるために頑張るのって意味ない!ってやっと気づいた
自己肯定感を高めるために頑張るのって意味ない!ってやっと気づいた自己肯定感を上げるブームで疲れていませんか?実践してみて高めるための頑張りは正直、意味なかったです。 この記事では私が実際に少し生きる気持ちが楽になった体験レビューになります。...